気を付けたい賃貸の契約必要書類

家探しの契約時に必要な書類

  • トップ

家探しのときはあらかじめ用意を

家探しで賃貸契約を結ぶときの必要書類は、不動産会社ごとに異なる場合があるため契約前に事前によく確認しておくことが必要ですが、一般的に契約時の必要書類と言われているものは身分証明書・住民票・収入を証明するもの・保証人関連書類・銀行口座と言われています。必要書類は種類によっては取り寄せに日数がかかるものがあるため、家探しをする前にあらかじめ用意しておくと手続きをスムーズに進めることができます。住民票は契約者本人だけでなく、世帯全員分が必要となる場合もあるため、二度手間にならないように家探しのときに不動産会社へ確認しておくことがおすすめです。また、住民票は発行期間が定められている場合が多く、古い物は使用できないため家探しに時間がかかりそうな場合は、住民票を取得するタイミングにも気を付けましょう。近年万が一の事態に備え連帯保証人が必要となり、保証人の住民票や印鑑証明書、所得証明の書類も必要になる場合が多くなっています。書類によっては即日発行が難しい場合があるため、家探しの連帯保証人が決定したら必要な書類を伝え早めに用意しておいてもらいましょう。また、所定の承諾書に直筆の署名と捺印も必要になるため、忘れないようにしましょう。

↑PAGE TOP