物件によって違う契約期間とは

契約期間に注目する家探し

  • トップ /
  • 契約期間に注目する家探し

契約する期間を絞った家探し

物件の契約期間は実は物件により異なってきます。一般的には入居者が退去するまで契約することが出来る方法が一般的にイメージされがちではありますが、期間を限定して賃貸する物件もありますので用途に応じて使い分けると便利です。例えば大学受験などで都内に数週間滞在する場合や、取引先に数週間打ち合わせなどで通う必要がある場合にはホテルに滞在し続けると宿泊費が高額になります。そこでウィークリーマンションで1週間、またはマンスリーマンションで1か月という期間で契約をすることが出来るマンションで、家探しをすることが出来ます。ホテルと違いキッチンや水回りも広いので滞在中のストレスも軽減されます。その他にも、取り壊すことが決定している物件をあらかじめ決められた期間で探す家探しもあります。退去する日取りが決まっているので入居者が見つけにくく、家賃が安く設定されている場合がありますので、家賃を抑えた家探しをしたい方には向いている物件だと言えます。また、取り壊すことが決まっているので内装を好きにリノベーションしても家主の方が気になさらない場合もあります。自分で好きな空間を作り上げたい方にも向いている物件だと言えます。

↑PAGE TOP