賃貸契約の保証人は誰がよいのか

家探しでの保証人の特徴

  • トップ /
  • 家探しでの保証人の特徴

家探しをする前に目処をつけよう

賃貸物件などの家探しの契約時に必要なのが保証人ですが、これは未成年に限らず仕事をしている成人であっても契約時に必要になります。保証人は契約後借り主万が一のことが発生したときに、支払い請求を受けるという役割があります。一般的に家探しのときに必要になる保証人では、1番手続きがスムーズに進み不動産会社からも信用を得られるといった点から両親が多く選ばれます。しかし両親が家探しの時に定年を迎え年金暮らしだった場合は、より保証能力が高い自分の兄弟や親戚に依頼する場合もあります。両親が遠方に住んでいて必要書類に署名や捺印が難しいという場合は、近くに住んでいる親戚や会社の上司が良いという場合もありますが、家探しで審査が厳しい物件の場合保証人が1人ではなく2名必要になるケースもあるため、直前で慌てないためにもあらかじめ誰に依頼できるのか目処をつけておくようにしましょう。無事希望物件の契約に進める場合は、必要書類に保証人の実印や印鑑証明、収入証明書や住民票が必要になる場合があります。これらは不動産会社によって異なるため家探しの際によく確認しておきましょう。双方の支払い能力が審査され細かく記入が必要になることもあるため、余裕をもって必要書類の用意をしましょう。

↑PAGE TOP