知っておきたい審査基準の事

家探しの入居審査の基準について

  • トップ /
  • 家探しの入居審査の基準について

家探しで審査を通過する方法

賃貸物件の家探しで希望物件が見つかり、契約に進むときに必要となるのが入居審査です。契約時の入居審査は大家が安心して物件を貸せることができる人なのかということが審査基準となり、職業や印象によって審査に通過しない場合もあると言われています。一般的に家探しの契約での審査基準は年収、職業、連帯保証人、見た目の印象の4項目と言われています。自分の年収に対して賃貸料があまりにも高額な場合は、家賃の滞納が発生しやすいと判断されるため審査が通過しにくくなります。収入に対して家賃が3割くらいまでが無理なく支払うことができるラインと考えられており、審査基準にもなっているため家探しのときには自身の収入と家賃の割合を確認することも大切です。また、家探しでフリーターや水商売、トラックの運転手などといった職業は収入が安定しにくい傾向があるため、スムーズに審査に通過するためにも実際の職業の内容やまじめに働いている証明などを提示することで、審査に通過しやすくなると言われています。家探しでは就職の面接のように見た目の印象に左右される傾向が高いと言われています。礼儀正しい振る舞いと清潔感を意識した身だしなみを心がけましょう。

↑PAGE TOP